最新号

2018年3月号 No.535

発行 : 2018年3月17日
【 巻頭言:主任司祭 豊島 治 】

祝います

主任司祭 豊島 治

 春一番も過ぎ、教会周辺は梅の香がひろがり、すぐ横の乞田川沿いの桜の蕾もふくらんでいます。多摩周辺の桜の開花宣言予定は3月22日、見頃は4月4日と報じられています。近くに桜並木が一望できるという場所はそう多くありません。多摩教会はそのひとつです。「桜の咲く時期に多摩教会にいきますね」と副都心に住んでおられる方がおっしゃいます。
 この春、京王線と小田急線のダイヤ改訂が行われ、新宿から教会最寄り駅のひとつ京王永山駅までノンストップ(所要時間24分)でいく京王ライナーが運行されました。またこの京王ライナーは聖蹟桜ヶ丘駅(同26分)方面へも運行しています。小田急線は多摩線に向かう列車を増発・最速化しています。どちらも多摩教会ミサ時間帯のための便宜には直接は寄与しませんが、各々多摩地域に対して人の動きを活性化したいという企業の思いが感じられます。

 桜の開花がそろうと思われる4月1日が今年の復活祭です。今年の復活祭は多摩教会第五代主任司祭の宮下良平神父さまにミサ主司式していただきます。今年司祭になられて25年を迎えられた宮下神父さまは、2003年までの多摩教会在任中聖堂建設や、その後の運営の基礎を作られた神父さまです。
 現在の聖堂は2000年に献堂されて今日に至ります。旅する教会として信徒のお家におじゃまして、主日のミサをささげはじめた今から46年前の1972年、それから拠点をうつして「マンション教会」へ、そして「聖堂をもつ教会(聖堂共同体)」として成ったのがこの時といえるのでしょう。

 あれから18年、多摩教会は大規模なメンテナンスの時期になりそうです。復活祭直後から片付けをはじめ、夏以降まで使わないものは仮倉庫に移しますのでご協力を願います。信徒総会で説明されていたとおり、4月中頃から空調の交換工事を行います。空調工事期間は5月いっぱいを予定していますが、延びることも考えられます。土曜日・日曜日・初金のミサは通常通り行えます。建物内駐車スペースは一階手前右側2台分が資材置き場となります。ご了承ください。
 月曜日から金曜日(初金を除く)は、工事関係者の出入りにともなう安全対策のため月曜日から金曜日の聖体訪問については、聖堂のいつものところでなく、構内別の場所に移します。時間などの制約が新たにあるかもしれませんが入り口掲示板などご確認のうえいらしてください。期間中の葬儀については現聖堂献堂まえまで使用していた多摩教会仮聖堂(現在のホール)で行うか、府中教会の聖堂で行うかを選んでいただきます。

 今回の空調ならびに聖堂における各メンテナンスはおよそ5年におよぶリサーチの上に成り立っています。「旅する教会時代」の方と近年の「教会家族」「福音宣言」のもと多摩教会に集い始めた方が、一緒にこのことを考えすすめてきました。そのおかげで、東京教区の法人本部にわたしたちの今後のことを的確に伝えることができました。
 わたしたちの聖堂全面に内包されている空調の馬力は16馬力のものが二台備わっていたのです。このお陰で外気の温度差をうけやすい聖堂内構造でもふさわしい温度設定が保てていたのでしょう。交換後も同じものとなります。

 この聖堂に集えることを今一度恵みとして感じることができるように、復活祭のミサでは加えてささげましょう。

【 寄稿 】


= 寄 稿 =
四旬節福島巡礼の旅

マグダラの聖マリア 優(ペンネーム)

 巡礼二日目、星野神父さま、豊島神父さま共同司式の朝ミサに与り、朝食を終えて、8時に宿泊地磐梯熱海を出発した一行は、まずエネルギー館に向かいました。全員が下車し、排除ゼロキャンペーン用の写真を撮った後、『原発見学組』をそこに残して、わたしたち『海に向かって祈る組』は、津波被害の大きかった宮城県山元町へ常磐道を北上します。山元町 I.C.近くのレストランで4人が下車し、海岸で採れた魚介類を使った丼物 「ほっきめし」 を食べました。
 そこから車で5分ほどのビニールハウスのいちご園で、待っていた4人と合流し海岸へ。途中津波で流された山下駅跡を車中から見て、普門寺近くでバスを降ります。津波の高さを示す数字が壁に記された建物と、流された高齢者施設の方々の名前が刻まれた慰霊碑がありました。
 小雨が降る中、被災者に向けた十字架の道行を祈りながら、震災後新設された『避難丘』に登りました。そこから初めて見た海は濃い鈍色をしていました。どこまでも続く高い堤防と、何もない辺り一帯は異様な光景でした。海に向かう道の両側には防風林の垣と小さな松が植えられており、作業をしている数人の方がおられたので、声をかけると、3月11日の慰霊祭翌日に植樹祭が行われるので、その準備で土を入れ替えているのだと話して下さいました。
 堤防に登って見た海は美しかった。雨も止み、群青色に輝く海は本当に綺麗でした。この穏やかな海があの日、大勢の人をのみ込んだことを思うと涙が止まりませんでした。波打ち際で十字架の道行き、主の祈り、アベマリアの祈りを唱えました。
 早春の温かい日が射してきましたが、風は強く、手袋を外して祈りの本をめくる手が直ぐにかじかんでしまうほどの寒さでした。
 そこで見た景色、色、風、匂い、そして自然の脅威を忘れることはないでしょう。 神に感謝。

津波はここ(矢印)まで来た
津波はここ(矢印)まで来た
 
津波の高さを示す布製のオブジェ@防災センター
津波の高さを示す布製のオブジェ@防災センター
 
海に向かって祈る
海に向かって祈る

【 お知らせ 】


「初金家族の会」からのお知らせ

 まだ寒く、春が待ち遠しい3月2日初金ミサでは、豊島神父さまより、教皇フランシスコの改革について、不正や虐待に対する革新的対応、家庭の問題に対応する生命の部、また、すべての人の居場所を考える人間開発部の設置などについて伺いました。最後に、「排除」の論理についての話では、被災地福島の巡礼視察の話を取り上げ、「弱い人、弱くなった人、都合の悪い人を排除するのではなく、和解により共に歩むため、行動することが求められます。その根源は『神の愛』です。このことを思い、愛の源であるご聖体を拝領しましょう」と説教がありました。

 ミサに続き、先月は大雪で流れた、初金家族の会が今年初めて開かれました。
 今回は、南大沢・堀之内地区の尾崎ひろみさんから、「サンチャゴ・デ・コンポステーラの巡礼の旅」についてのお話を伺いました。尾崎さんは、フランスの四つの主要巡礼の道なかのル・ピュイの道を、ル・ピュイからコンクまで200km歩かれた情景、人々との交流を、以下のように話してくださいました。
 「黒い岩の急険な階段の上に立つ教会、黒いマリア像、春の野道に咲く可憐な花、各国からの巡礼者との交流、地場の特色ある食事など、充実した楽しい巡礼の旅でした。キリストとともに、また聖ヤコブをはじめ、志を同じくした巡礼者を思いながら歩き、信仰がいっそう深まりました」
 巡礼証明書も紹介されましたが、日本の熊野巡礼の御札も提携しているので、共用可能との興味深い話もありました。

 次回、4月6日の初金家族の会は、一品持ちによる闇鍋会です。歓談を楽しみ、信仰家族の絆を深めたいと思います。

 「初金家族の会」は、初金のごミサのあと、信徒館で貴重な体験など聴いて語り合い、お互い信仰の絆を深め合う、楽しい集いです。どうぞどなたでも、お気軽にお立ち寄りください。(11時ごろからです)