2018年2月号 No.534

発行 : 2018年2月24日
【 巻頭言:主任司祭 豊島 治 】

応えます

主任司祭 豊島 治

 四旬節にはいりました。ことしの復活祭は4月1日となっていますので、復活徹夜祭は3月31日となり、この日洗礼式が行われます。
 四旬節は洗礼志願者の準備の時期となり、また既に洗礼を受けられている方も恵みを新たにする機会です。
 四旬節の過ごし方は「愛の献金」「愛のみわざ」「犠牲」「黙想」などいろいろあるでしょうし、四旬節キャンペーンのグッズ内カレンダーにある教皇メッセージを深めることもできます。いうまでもなく、この過ごし方は普段とは異なる場や状況に自分の身をおいて己(おのれ)を客観視するということでもあります。そのなかで多摩教会として、「四旬節福島巡礼(2月22日~23日)」を教会内で広くよびかけて行ったというのは、その趣旨にあっているといえます。

 7年前、東日本大震災のとき、私は前任地の秋津教会にいました。大きな揺れを感じ聖堂からガラスが割れる音がしたのです。見ると直径3メートルの円形ステンドグラスが滑落しておりました。詳細にたしかめるため聖堂屋根にのぼると二度目の地震、つづいて余震となり、屋根に上る脚立がたおれ、降りられなくなったのを思い出します。計画停電など世の中が騒ぎ、福島原発の事故と津波被害の恐怖が流布されました。
 ちょうど震災一年前にカリタスジャパンの担当になっていましたので、支援に関する仙台教区(宮城・福島・青森県)からの情報を事務局や司教様との間にはいり、そのうち宮城県南部と福島県北側を担当する「カトリック東京教区ボランティアセンター(東京教区直轄)」の運営委員にもなっていました。設立当初は福島往復をよくしていました。初回、現地・南相馬市原町教会委員6名のかたとの会談は、参加者が泣き出してしまうくらい心かよう交流でした。「かわいそう」ではなく「いのちの意味を感じさせる素晴らしい出会いがある」という実感のある場でした。

 今回多摩教会の巡礼同行で震災後、福島訪問は12回目。毎回感じるのは「叫び」です。関係する人々の叫びもありますし、大地の叫びもあります。大地の叫びは放射能汚染とはちがいます。いまこの場所の「いのち」が危機にさらされている。人々からの見下され、レッテルづけから解放されたいと叫んでいる、そんな重さを現地に行って帰ってみると感じているのです。ですから翌日身体はぐったりします。でも何かを気付かされるのです。現地に行ってなにか講話を聞いて学ぶのではなく、感じてかえってきます。これは言葉にならない、整理できないものですがずっしりくるのです。何か行動すれば解決するとはいえないくらいのスケールの大きい問題を感じる。この体験をすると祈らなくてはならないということを感じます。
 2月22日から23日の多摩教会四旬節福島巡礼については、告知のタイミングなど課題も多く準備も難航しましたが、帰りのバスのなかで特別な「十字架の道行」をしました。強行スケジュールで休みたいのに、この体験をして、まずは神の意向を知りたいという心からの想いが参加者一致の祈りになったという場でした。

 教皇様の呼びかけに対して、大司教様からも連絡がありましたが、四旬節教皇メッセージにあるように「主にささげる24時間」の取り組みがあります。今年は「ゆるしはあなたのもとにあり」という詩編130篇4節を定め、聖体礼拝とゆるしの秘蹟の機会が提供されるようにとされています。多摩教会では2月25日、3月17日、18日、25日の各ミサ前一時間をゆるしの秘跡の場をもうけることにします。少しでもいいから日常の忙しさから離れた場や時間を持ち、心からの想いを回心にのせ、各秘跡を受けるということの絶好の機会です。
 「主にささげる24時間」で指摘されている他の実施内容にかんする対応については、ミサ時にお伝えします。

 巡礼の詳細や感想は次号の多摩カトリックニューズに掲載されると思いますので、そちらを参照ください。原町教会でのミサ風景のみここに掲載します。

20180222-1s 20180222-2s
(画像はクリックで拡大します)

【 連載コラム 】


人生の旅をいっしょに
= ウエルカムのサインをあなたからあなたに =
連載コラム「スローガンの実現に向かって」第86回
私とオアシス

中高生会 濱野 洋一郎

 私は、初めてニューズの執筆の依頼を受けたとき、大変驚きました。「何を書いても良い」ということでしたが、「私が書けることは何だろう?」と、随分と悩みました。なかなか、自分が言いたいことをまとめられません。ですから、ゆっくりと書いていくことにします。
 まず、私は2年前に転会でカトリック多摩教会の家族となりました。ここでは、詳細は省きますが、大まかに説明すると、同年代の友達について行くのが嫌になり、学校にも行かずに一人で過ごしていました。そして、中学3年生の時に無人島キャンプに参加して、最高の仲間たちの存在と、カトリックの愛と赦しを知りました。(もともと、プロテスタントの教会に居て、愛されていると言われて育ったのですが、やはりこの年代だと、なかなか分からないものです)。 そのときから、私はとても、心が楽になりました。
 私の居場所はここにあったのか、私を赦してくれる人もいるのか、そんな思いで、いっぱいになりました。そうやって、私が救われたと思い始めた頃から、私は侍者等の奉仕活動をするようになりました。

 なぜか「白い服を着た人」にずっと憧れを持っていました。実は、侍者は(ニューズもですが)最初は成り行きで、若干、適当に返事をしていたことからの始まりでした。でも、前に言ったとおり、憧れはありましたから、嬉しいのですが、いざ、侍者をやるとなると気恥ずかしいというか、恐れ多いというか、もやもやした気持ちでいっぱいでした。しかし、ここまで来てしまっては、後戻りはできません(笑)。頑張りました。
 それから、少しずつレベルが上がってきて、あれやこれやという間に、12月25日のミサで侍者をすることになりました。12月25日といえばクリスマスです。すごく緊張しました。私の役割は、普段どおりの侍者の動きと、幼子イエスを抱きかかえて入堂することでした。とても大事な役目ですが、それどころではないくらいに緊張し、ソワソワしていました。しかし私は、入堂さえ終わってしまえば後は普段どおりなので、少しずつ落ち着き、ふと、前を見れば、圧巻としかいえない状態でした。大勢の人が口を揃え、同じお祈りをしている。それだけで私は、心が休まりました。そうして、ミサが終わりました。
 私は幸せな気持ちで過ごしていたわけですが、ふと、2年前のことを思い出してみると、「随分と成長したな」、なんて思いました。

 荒れた日々や、世界に反抗していた日々、また、ひとりぼっちだった日々、そこから変わっていくのに必要だったのが教会という場所です。その場所は居場所であり、成長させてくれるような場所でした。そして、私はその場所のことをオアシスと呼びたいです。日本にある「場所」ではなく、人と人が集まる「場所」です。そう思ってから、私は多くの人にそれを伝えたくなりました。
 私の周りには、いろいろな考えで、いろいろ悩んでいる人が大勢います。その人たちに、どんどん、この幸せな気持ちを伝えて、多くの人が幸せだと思えるようにしたいです。
 それから、このオアシスは人に伝えていくことで一歩、また一歩と、幸せな神の国に近づいていけるのではないかと思います。このままでも、十分素晴らしいものですが、それ以上に素晴らしいものにするために、多くの人を受け入れ、愛し、赦して、成長に導いていけたらどれだけいいかと、私は思います。
 これから先、私も他の人もさまざまな困難や辛いことがあると思いますが、その度に、この素晴らしいオアシスを思い出し、そのたびに、それらに立ち向かっていくことができると、私は信じています。

hamanokun-s
(画像はクリックで拡大します)