2017年5月号 No.525

発行 : 2017年5月27日
【 巻頭言:主任司祭 豊島 治 】

いのります

主任司祭 豊島 治

 6月はみこころの月となっています。カトリック関連の店舗ではいわゆる「信心グッズ」が目立つように展示されており、雰囲気をだしています。安価なものから細かい装飾をほどこしたものまで並んでいます。でも飾って眺めるというのが第一義ではなく、祈りのために使われなければ本来の意味はありません。

 最近、小学校からの知り合いで長い間教会に通っていなかった方から連絡があり、ご両親が帰天されたので祈りを頼まれました。17年前に主の祈りの文言が変わったことも知らない彼が葬儀ミサの最前列に座り、ロザリオの珠をくくり祈っていた姿に放蕩息子の帰還がはじまっているような内面の変化を感じました。

 幼児洗礼である私や彼にとって教会はもう一つの家の感覚でした。小学生のころは「神父さん」は教会のお父さんみたいに思っていました。ミサを祝って分かち合うその繰り返しを過ごしてきた訳ですが、多くの恩人といえる神父様と出会いました。厳しさを感じる神父様や、こだわりを持っている神父様などいろいろでした。ある教会の神父様はとてもおっしゃることが厳しい方でした。常に教会の人はその神父様に注意をうけていました。しかし、ある日の夕方その神父様のお母様が母国で帰天されたという一報がはいりました。普段は元気いっぱいの、よくお話好きな神父様は聖堂後ろにあるマリア像のところに座り小さくなって肩を震わせて泣いておられるのを見ました。
 その影響でしょうか、私の父が亡くなった8年前から親の存在の偉大さを感じるとき十字架の前で、またはマリアさまに向かって小さく背中をまるめて祈るようになっていました。その静かな時間は忙しくしている時とは異なるまなざしを感じます。そして次へ向かう力となります。

 偶然ですが、多摩教会が誕生した1972年は私の生まれた年でもあります。多摩教会も出会いと別れを繰り返し、その祈りと行動によって支えられ生かされてきました。マリアさまの保護のもとに導かれ、歴史の重みと暖かさを多摩教会聖堂が献堂された今年5月14日の主日ミサで感じました。

 今年の12月には多摩教会にて初代主任司祭寺西神父様が主の降誕のミサを行います。神父様は今年ダイヤモンド祝である叙階60周年を迎えるのです。どうか司祭のためにお祈りください。

【 連載コラム 】


「荒野のオアシス教会を目指して」

やさしく、あたたかく、心からのオアシスづくり
連載コラム「スローガンの実現に向かって」第77回
「神さまに招かれて」

南大沢・堀之内地区 佐々木 由理子

 私が洗礼を授かったのは、2010年の4月3日のことでした。晴佐久神父様が多摩教会で最初に洗礼を授けたメンバーのひとりでした。
 字数が決まっているのであまり詳細は書けませんが、ひと言にまとめると、突然「いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全てのことに感謝しなさい」という声がはっきり聞こえて、「神様についに招かれた」と確信して、洗礼を決意しました。最初プロテスタント教会に行っていたのですが、大学のゼミのシスターから「どうしてもカトリックにして」と言われて、一度だけ行ってみる約束で多摩教会に行き、晴佐久神父様と出会って額に電気が走ってしまい、ここが私の場所だと確信しました。2009年11月から金曜日の入門講座に通い始めて、翌年の4月に受洗しました。

 前のプロテスタント教会には2年ほど通ったのですが、その間に洗礼に至らなかった最大の理由は、私が「今夜自分が死ぬとしても、天国に行けると確信していますか?」という質問にハイと答えられなかったことがあります。私には今、二人の大学生の子供がいますが、その上にもうひとり、妊娠38週、予定日目前に死産した息子がいました。彼を死なせてしまった私は人殺しだから、天国に行く資格はない、そう思っていました。
 初めて会った晴佐久神父様は、その超えられなかった壁をいとも簡単に取り払われました。「あなたがどれくらい信じているか、なんてどうでもいい。神があなたを招いているかを私は見る。あなたは間違いなく招かれていますよ」私の中で何かが変わりました。「今度の4月にこの聖堂で洗礼を受けましょう」との言葉に、思わず「ハイ」と返事をしていました。そして私は、「私のオアシス」に、ついにたどりついたのです。

 受洗した後は、目まぐるしい日々の中、晴佐久神父様が次々思いつかれるイベントのほとんどをスタッフとして駆け抜けてきました。去年、豊島神父様がいらっしゃってからも、相変わらずいろんなイベントのスタッフとして働いています。豊島神父様は、晴佐久神父様とはまた違ったタイプの、すばらしいタレントを持った神父様で、安心してついて行ける良い牧者です。いろんなことを深く考えていらして、とても信頼しています。

 2017年、下の息子が大学生になり静岡県での下宿生活が始まりました。突然私も半分一人暮らしのような生活が始まり、不覚にもちょっとウツ気味ですが、神様は私に次のステージを用意されているようです。
 受洗した日の日記に、「いろんな人にステキな贈り物をもらいましたが、なぜでしょう? 『花を咲かせてね』とか、『種まく人』とか、なんだかとっても植物を育てる人なコメントをたくさんの方にいただきました。信者になって、改めて周囲にお日様みたいな光りを注ぐ、種をまき、育てる人になりたい、としみじみ思います」、私はこう書いていました。
 人生も後半戦、元気に活動できる時間があとどのくらい残されているのかは分かりませんが、神さまのお仕事をこれからも精一杯つとめていきたいと思っています。